債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

サラ金に借金の取り立てをやめさせたい!そんなときは……

 

JJ014_72A
皆さんは、サラ金に借金をして取り立てをされたことってありますか?

恥ずかしながら、私はあります。
多重債務者だったときに、1社だけ変な場所からお金を借りてしまったんです。
そのサラ金は、最初はフレンドリーに親身になって話を聴いてくれたので、いい人だと思ってお金を貸してもらったのですが、返済が滞ったときに「ふざけんな」って鬼のような形相で凄まれました(^_^;)
それから、サラ金は家にまで取り立てに来ました。
深夜だというのに「金を返すまで帰らない」とか言い張ったんです。
何とか手持ちのお金を渡して説得して、その日は帰ってもらったのですが、その日は怖くて一睡もできませんでした(T_T)

JJ145_72A

翌日、睡眠不足で眠い目をこすって会社に行くと、今度は勤務先にも電話が。
「勤務先に借金していることをバラされたくなかったら、早く貸した金を返せ」っていう電話だったのですが、「もう人生終わった」と思って焦りました。
私があまりにテンパりまくっていたので、同僚がすごく心配していましたね……(^_^;)
大手のサラ金ではこのようなことはありませんが、中小のサラ金の中には、深夜に自宅に取り立てに来たり、勤務先に嫌がらせの電話をしたりする悪質なものもいます。
かれらは、常識外の金利でお金を貸して搾取するヤミ金と呼ばれる非合法金融である可能性が高いです。

ヤミ金のような悪質なサラ金に借金の取り立てをされたときに、
それをやめさせる方法はないのでしょうか。


サラ金の取り立てをやめさせる方法を3つに分けて解説してみました。

KK165_72A

1.専門家に相談する

ここで言う専門家というのは、司法書士や弁護士のことです。
サラ金に悪質な借金の取り立てをされている、返済する意志があるのに完済させてくれないなどで悩んでいる人は、すぐに司法書士や弁護士に相談してください。
あなたを悩ませているサラ金は、もしかするとヤミ金の恐れがあります。
すぐにヤミ金対応の実績がある司法書士や弁護士に相談しましょう。
ヤミ金被害を少なくしたいならば、スピード対応が大切です。

相談するタイミングが早ければ早いほど、被害が少なくて済みます。

ヤミ金のような非合法金融は、自分たちが違法であることを自覚した上で犯罪に手を染めているので加減を知りません。
取り立ては、どんどんとエスカレートしていく可能性がありますよ。
危険ですので、くれぐれも一人で立ち向かおうなどは思わないでくださいね(^_^;)
司法書士や弁護士を雇うお金がないという人も心配する必要はありません。
このサイトで紹介しているプロたちは、ホームページでのメール相談、電話相談ともに無料で受付をしています。報酬も後払いや分割払いに応じてくれますので、まずは気軽に一声かけてみましょう。

af9940047115

2.心を強く持つ

サラ金の取り立てに悩んでいる人は、まずは1の項目で説明したように司法書士や弁護士に相談することが大切です。
それに加えて、心を強く持って悪質な取り立てに抵抗する必要があります。
これは、精神論ではありません。
悪質な取り立てに従って、言いなりになってしまってはいけないのです。
もし、お金を借りたサラ金がヤミ金だとすれば、最初は優しく接してくれても一度でも返済が滞れば豹変します。
「なにが何でも払え」や「生命保険入って死ねばいいだろ」など、とんでもない暴言を吐くことも予想されます。
このような非常識なことを言ってくる人間の要求は、決して呑んではいけません。
司法書士や弁護士の指示に従い、毅然とした態度で対決しましょう。

JJ030_72A

3.身の危険を感じたら迷わず警察へ行く

サラ金の借金の取り立てといえば、テレビドラマにもあるように、強面の喧嘩の強そうなチンピラがやってきて債務者に暴力を振るう、というステレオタイプのイメージがついて回りますが、最近はそのようなことは滅多にありません。
少なくとも、きちんとした経営をしている銀行や大手の消費者金融は、悪質な取り立ては絶対にしません。
暴力を振るったり、脅したりしてお金を取り立てようとするサラ金は、もうそれだけでヤミ金である疑いがあります。
かれらの中には、お金を返さないことに対して怒り狂ったり、専門家に相談したりしたことを逆恨みして「家族を襲ってやる」などの脅し文句を吐く人間もいますが、もし悪質な取り立てによって身の危険を感じたならば、迷わず警察に行きましょう。

警察に被害届を出せば、警察が動いてくれます。

ただし、被害届を出す場所は交番ではありませんので気をつけてください。
被害届を出す場所は、警察署の生活経済係です。
被害届を出す際に、以下の情報をまとめておくとやり取りがスムーズに行きます。
・サラ金の名前と借入金額
・サラ金の連絡先番号
・サラ金の振込口座番号など
・サラ金の取り立てでどのようなことをされたか

もし取り立てをしたのがヤミ金だとすれば、ヤミ金は犯罪なので告訴や告発が可能です。
勝ち目は絶対にこちらにありますので、泣き寝入りしないでくださいね(^^)

JJ200_72A
そもそもの話になりますが、

借金の取り立てにはルールがあるってご存知ですか。

きちんとした金融機関はそのルールを遵守して運営しています。
もし、あなたの取り立てをするヤミ金がルールを守らないのだとすれば、それだけで司法書士や弁護士に相談する価値がありますよ(^^)

借金の取り立てのときに守らなくてはいけないルール

日本には、貸金業者が無茶な取り立てをしないように貸金業規制法という法律があり、借金の取り立てにルールを設けています。
あなたの借金の取り立てをするサラ金はきちんと以下のルールを守っているでしょうか。

1.真夜中や早朝の取り立てはしない

具体的には午後9時から翌朝の午前8時までの間の取り立ては禁止されています。訪問は当然ですが、電話やファックスもしてはいけません。
深夜に取り立てられると、寝不足になって翌日の業務に支障をきたしてしまいますよね。

af9920046273

2.債務者の情報を漏らしてはいけない

債権者は取り立てをするにあたって、張り紙や看板、口頭などで債務者の情報をばらしてはいけません。どのような方法でも、債権者が債務者の情報をほかの第三者に伝えることは禁止されています。

3.債務者の勤務先などに連絡しない

債権者は、電話やファックス、電報などで債務者の勤務先に連絡をしてはいけません。
が、正当な理由がある場合は、その限りではありません。

4.債務者以外の人に返済させようとしない

債務者が借金を支払えないからといって、債権者以外の人に返済を要求したりしてはいけません。連帯保証人でもない人に返済の義務はありません。

5.他から借りて返済しろと要求してはいけない

債権者は、債務者が返済できないからといって、他の金融機関からお金を借りて返済に回すよう求めてはいけません。

6.債務整理の手続き中に取り立てをしてはいけない

司法書士や弁護士に債務整理の手続きをしているという連絡を受けたにも関わらず、取り立てを続けてはいけません。

JJ013_72A

いかがでしたでしょうか。
金融機関の取り立てには、きちんとルールが定められています。
上記のルールを無視して取り立てをするサラ金がいるとすれば、そのサラ金はヤミ金である疑いがあります。
ヤミ金でなくとも、ルールを破るのなら法律違反です。

このような貸金業者には、決して一人で対応しようとせずに司法書士や弁護士を頼りましょう。

多重債務の問題は他人ごとではありません。

日本信用情報機構の2013年6月のデータによれば、消費者金融の利用者で3か月以上の延滞をしているは約419万人もいます。
油断していれば、いつ多重債務を抱えることになるかは誰にも分からないのです。
くれぐれも借金の問題は一人で抱え込まないでください。自分の殻に閉じこもっていても、良い解決策は浮かんではきませんよ。
やはり、借金の問題は、債務整理のプロの力を借りるのが一番です。
このサイトでは、無料相談に乗ってくれる司法書士を紹介しています。まずは気軽に電話やメールで相談してみてくださいね。

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

借金の悩み   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る