債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

リボ払いは借金地獄の入り口!?一括払いが断然お得!

 

JJ085_72A

リボルビング払い、通称リボ払いはクレジットカードの利用代金の支払い方法の一つです。
毎月一定の金額を支払えば良いだけなので安心して使うことができます。
と見せかけて、

実はリボ払いって、かなり損な支払い方法だって知っていましたか?

もしかすると、手軽で簡単なクレジットカードのリボ払いが、借金地獄のきっかけになるかもしれませんよ。
リボ払いをしている人は、この記事を読んで、自分のクレジットカードの支払い方法を見直してみる必要アリです!

JJ124_72A

利息負担でかすぎ!全然安心できないリボ払い

リボ払いにすれば、毎月の支払額は定額になるので、精神的には安心が得られます。

でも、コレ、クレジット会社の巧妙なカラクリにだまされているだけなんですよ。

そうです。
それがリボ払いの恐ろしいところ。
「毎月の支払が定額でいいのだ」という意識が、借金の感覚をなくしてしまうわけです。

しかし、借りている金額が大きくなればなるほど、
負担しなくてはいけない利息が大きくなることに気付いていますか。


クレジットカードのリボ払いは、借りている元金だけでなく、増えた利息にも利息がつく『複利』なので、なかなか元金が減ってくれません。
たとえば、借り入れ金額が10万円で年率10%だとすれば、一年で借り入れ金額は11万円となります。そして、その一年後には元金10万円と利息分の1万円に10%の金利がかかるので、返済しなくてはいけないお金は12万1千円となるわけですね。
まさに雪だるま式に借金が増えていくので、リボ払いを利用するときは気をつけましょう。
ものを買うときは、一括払いが一番お得です。

JJ137_72A

リボ払いこそクレジットカード会社の収益源!

どれだけリボ払いが損なのかは分かっていただけたと思います。
そして、そんなリボ払いこそが、クレジットカード会社の大切な収益源になのです。

毎月の支払は定額でいいけれど、利息がどんどんつくので、
実は長期的に見るとリボ払いはかなり損をしています。

この事実を巧みに気づかせずに、顧客に何気なくリボ払いを選ばせるのはすごいですよね。
私も、何かを買うときにリボ払いの特典やポイント還元率の高さを説明されると、ついついリボ払いを選びそうになります。

ここから、リボ払いが引き起こす深刻なデメリットをさらに詳しく解説していきますね。

リボ払いのデメリット1 高金利

リボ払いの金利は、10~15%のものが多いです。
一方、大手の消費者金融から初回で借りた場合、金利は大体18%ほどになります。
したがって、金利15%でリボ払いをするなら、大手の消費者金融ほど高くないにしろ、支払う利息はそれほど大きく変わらないんです。
そう考えると、クレジットカードのリボ払いって、大手の消費者金融からお金を借りるのとあまり差がないような気が……

大手消費者金融のプロミスなら、初回の顧客は無利息キャッシングが30日間できますし、
アコムもキャンペーン期間なら、プロミスと同じく無利息キャッシングができるので、
リボ払いを利用するよりもお得に使える場合があります。


こんなことを聞くと、どんどんリボ払いをするのが嫌になりますよね。
でも、リボ払いのデメリットはまだあるんですよ。

JJ052_72A

リボ払いのデメリット2 返済期間が長引けば長引くほど損をする!

分割払いで商品を買った場合は、たとえば3回払いを選べば、きっちりと3回でお金を払い切ることになります。
9万円の商品を3回払いで買えば、月の支払額は
(3万円+金利手数料)×3か月
となりますよね。
分割払いのメリットは、期間が決まっているので借金の返済期間が長期化しないことです。
しかし、
リボ払いでは、分割払いよりも長期の返済ができるようになっており、その分、支払いが長期化しやすいのです。
しかも、月々の定額の支払いをすれば、また借り入れ枠が回復するので、使っては返済して、使っては返済しての悪循環の繰り返しとなる恐れがあります。

延々と支払いを続けるということは、ずっと負担として家計を圧迫し続けることと同じなので、他の大きなものをローンで買おうとするときも、当然、リボ払いが邪魔してきますよね。
これでは、大きなもの購入する計画を立てることができません。

JJ013_72A

リボ払いのデメリット3 借金している意識を麻痺させる!

リボ払いのデメリットの中でも、実はこれが一番恐ろしいことだと思います。
リボ払いは、毎月一定額の支払いを続けていれば大丈夫、という間違った思い込みによって、借金をしている意識を麻痺させるんです。
確かに、リボ払いはいくら買い物をしても月々の返済金額は一定かもしれません。
しかし、デメリット2でも書いたように、返済期間が長期化すればその分、返済しなくてはいけない金額は増えますよね。

これは、長い目で見れば絶対に損をしているお金の使い方なのです。

それなのに、月々の負担が軽いせいで、借金をしたという意識が麻痺してまうんですよね。

人間は、目の前に美味しそうなものを突き付けられると、先のことが考えられなくなる性質があります。
リボ払いは、まさに人間のその性質を巧みに利用したものだと言えるでしょう。

af0150022695

リボ払いは借金地獄の入口!

いくらリボ払いが損なものだろうと、それが借金地獄の入口というのは大げさではないか。
そう考える人もいると思います。

でも、よく考えてみてください。

いくらリボ払いの月々の支払額の負担が少なくて済むとしても、返済すべき借金の総額が大きければ大きいほど、返済期間は長期化するわけですよ。
数十万円をリボ払いで支払うことになれば、その支払期間は数年、または十年を超えることもあるでしょう。
返済している期間は利息も増えていくわけですから、最終的に借金の返済が終わったときに、最初に借り入れした金額の2倍以上の金額を支払うことだってありえるのです。
というか、かなりの高確率で払うことになるでしょう。
これって、損だとは思いませんか。
たとえば、30万円の商品を購入したときに一括払いなら30万円を支払えばいいだけですよね。
しかし、リボ払いで長い期間をかけて返済する場合、最終的に60万円以上支払うことになるかもしれませんよ。
あからさまに損だと分かっている支払いを延々と続けていくことを借金地獄と呼ばずに、何を借金地獄と呼べばいいのでしょうか。

af0100001548

すでにリボ払いをしている人は一括返済を!

もし、巧みにクレジットカード会社の口車に乗せられてリボ払いで借り入れをしてしまったならば、

すぐに一括返済を検討しましょう(^^)

お金に余裕がある人は、一刻も早く払ってしまうことをおすすめします。
なぜなら、銀行に預けておくことで得られる利息よりも、リボ払いで増える利息の方が圧倒的に金額が大きいですから。

借金がある場合は、貯金よりも返済を優先してください!

これは返済生活をする上で、絶対の掟です(^^)
もし一括返済が難しいならば、月々の返済額を増やすのも有効です。
繰り返しますが、リボ払いは長く続ければ続けるほど損ですので、一刻も早く返済することが大切ですよ!

時遅く、リボ払いや他の支払いで借金地獄に突入している人もいるかと思います。
利息の返済をするだけで精いっぱいで、終わりの見えない返済生活に苦しんではいませんか。

そんな人は、債務整理を検討してみていかがでしょうか。

司法書士や弁護士のような債務整理のプロに相談すれば、借金問題を解決する糸口が見えてくるかもしれませんよ。
このサイトでは、無料で電話やメールの相談に乗ってくれる事務所を厳選して紹介しています。借金の問題で困っている人は、一人で悩まずに相談してみてはいかがでしょうか。

終わりのない返済生活から決別できるかどうか、

それは、あなたの秘密を打ち明ける勇気にかかっています!

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

リボ払いは損をする   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る