債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

複数の借金はおまとめローンでまとめると管理がラク♪

 

JJ029_72A

借金の返済先を一つにまとめると、こんなに楽だったなんて……。

皆さんはおまとめローンを知っていますか。
おまとめローンというのは、複数の金融機関から借りているお金を一社(行)にまとめて、借り入れを一本化してしまうローンです。
おまとめローンのメリットは、管理がラクだということ。支払日が毎月1回なので、うっかり返済を忘れてしまうこともありません♪
また、既に借りている金融機関よりも、金利が低いところでおまとめローンを申し込めれば、返済総額も少なくて済むでしょう。
おまとめローンを組んだ場合も、他のローンと同様に、自分の支払い能力に応じて一月の返済額を増やすこともできるため、完済期日を早めることで支払い総額を抑えることが可能です。
今回は、そんな便利なおまとめローンについて解説します。

KK198_72A

どこで借りるのがいい?

おまとめローンを利用するのなら、どの金融機関にお願いするのが一番良いでしょうか。
私のおすすめは銀行です。銀行以外なら借り換え専用のローンがある金融機関が良いでしょう。

銀行がおすすめの理由

銀行のカードローン、おまとめローンが優れている理由は、やはり、金利の低さでしょう。
お金を貸してくれる金融機関は、銀行、信販会社、消費者金融などがありますが、そのうち、銀行がもっとも金利が低いです。
多くの消費者金融や信販会社のカードローンの金利は、利息制限法の上限金利めいいっぱいの18%に設定されていますが、銀行のカードローンの場合は、それよりも3,4%低い金利、あるいはそれ以上に低い金利で借りることができます。
また、銀行のローンは総量規制の対象外であることも魅力の一つです。
都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、農協(JA)のカードローンは、総量規制を受けることなく、お金を借りることができます。
逆に、信販会社や消費者金融などは総量規制の対象ですから、借入額が年収の3分の1以内に限定されてしまいます。
したがって、年収300万円で105万円の借入がある状態で、消費者金融で新たな借り入れをしようとすると、総量規制の対象なので借り入れをすることができませんが、銀行の場合はカードローンやおまとめローンを利用できるわけです。

JJ145_72A

借り換え専用ローンがある金融機関がおすすめの理由

銀行は金利が低いので、カードローン、おまとめローン共におすすめしましたが、借り換え専用ローンがある金融機関も、銀行と同様に金利が低いのでおすすめです。

カードローンを申し込めば18%ほどの高金利である信販会社や消費者金融も、借り換え専用ローンならば金利が14%ほどになるので、銀行のカードローンとそれほど変わらなくなります。また、借り入れ上限額も大きめに設定されていますよ♪
ところで「どうせ銀行以外は総量規制の対象になるのだから、借り入れ上限額が大きくても意味がないじゃん」って思いませんか。私は、最初にこれを知ったときに思いました。
実は、かなり意味があるんですよ。
消費者金融などの借り換え専用ローンのように、ローンをまとめることで顧客側が得をするケースは、借り入れ先が信販会社や消費者金融だったとしても、例外的に総量規制の対象外になるんです。
この情報は知らない人も多いので、もし、どこの金融機関のおまとめローンを利用するか迷っているならば、銀行以外の金融機関を検討してみるのも有益だと思います♪

KK191_72A

条件の良いおまとめローンを選ぶべし

おまとめローンは、便利ですが審査はその分厳しくなります。
ただし、だからといって妥協はできません。
必ず、条件の良い金融機関のおまとめローンを利用しましょう。
せっかく複数の借金を一つにまとめても、高い金利のせいで返済金額が増えてさらに苦しくなったのでは元も子もありませんからね。
希望のおまとめローンの審査を通過するための現実的な近道は、他の金融機関からの借入件数を一件でも多く減らすことです。

どうやって借入件数を減らすの?

おまとめローンの審査を受けるときに、他社借入件数が4件以上あると厳しくなります。したがって、それ以上の借入件数がある人は、まず、少しでも他社からの借入件数を減らすことを心がけましょう。
複数のところから借り入れがあり、かつ、借金の総額が大きい場合は、おまとめローンも一度に一本化するのは難しくなります。
しかし、問題は一つ一つじっくりと取り組んで行けば必ず解決できますので心配ありませんよ(^^)
まずは、他社借入件数を減らすために、希望のおまとめローン以外のおまとめローンで一部の借金をまとめたり、返済が進んでいる金融機関に限度枠の増枠をお願いしたりしてみましょう。
金融機関に毎月きちんと返済できていれば、金融機関も信用できる人物だと見てくれるので増枠できる可能性が高いです。新たに他の金融機関を探すよりも、信頼関係ができている分、そちらの方が手っ取り早いでしょう。
増枠をお願いする金融機関は、長く返済しているところや、繰り上げ返済しているところ、もうすぐ完済できるところを選ぶと、さらに増枠の可能性が高くなります。増枠してもらったら、早速、無駄使いはせずに他の金融機関の借金を完済してしまいましょう。
複数の金融機関から借り入れがある場合、このようにして一つ一つ確実に借入件数を減らしていけば、最後には、低金利のおまとめローンにすべての借金をまとめることができますよ。
いきなりすべての借金を一本化しようとせずに、焦らずゆっくりと一つ一つまとめていくのが完済の近道です。

KK184_72A
いかがでしたでしょうか。
複数の借金はおまとめローンを申し込んで一つにまとめてしまうと管理がラクになります。ただし、金利や毎月の返済額、返済期間によっては、おまとめローンの方が返済の総額が高くなってしまう場合もあるので気をつけて申込みましょう。
個々の支払い能力に応じて無理のない返済プランを選ぶことが大切です。
あまりにもたくさんの金融機関から借りていると、利息の支払いだけで精一杯になり、いつまで経っても元金が減らない状態に陥ってしまいます。
しかし、そんなときも心配することはありません。
辛い借金生活から抜け出す簡単な方法があるんです。

それは、債務整理を検討することです。

債務整理とは、借金を整理するという意味。
司法書士や弁護士には債務整理のエキスパートがおり、皆さんの借金問題を解決するための力になってくれますよ。
債務整理の方法は、主に任意整理、個人再生、自己破産の三つがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。司法書士や弁護士は、借金をした人の状況によって適切な債務整理の方法を提案してくれるでしょう。
任意整理ならば、家族に内緒で債務整理したい人にもうってつけですし、個人再生を選べば家や車を差し押さえられることなく借金問題を解決する方法も出てきます。借金の返済が不可能であるならば、自己破産を選び借金をゼロにすることで、新たに人生の再スタートを切るのも良いかと思います。
もし、多額の借金を抱えて、おまとめローンの審査も落ちてしまい、途方にくれているのなら、司法書士や弁護士に相談してみてください。
ただし、そのときは債務整理の実績がある法務事務所、法律事務所を選ぶことが大切です。
私も、元多重債務者だったことがあり、そのときは、債務整理を得意としている司法書士の先生にお願いしました。
このサイトでは、債務整理の実績がある事務所だけを紹介していますので、安心して債務整理を任せられるかと思います。電話相談、メール相談も無料で応じてくれますので、自分が納得するまで、何度も気軽に相談することも可能ですよ。
借金の返済は長く辛い道のりです。それに潰されてしまう人も珍しくありません。
どうか、一人で悩んだりせずに、債務整理のプロに相談してください。きっと、皆さんの悩みを綺麗に解決してくれるはずです。

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

おまとめローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る