債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

債務者が自己破産したとき連帯保証人はどうなるの?

 

af0150022695

借金をするって辛いことですよね。
私は元多重債務者なので、その辛さは身に染みて分かっているつもりです。
借金をしていると、ご飯を食べていても、横になっていても、なんだかソワソワするんです。
落ち着かない気分のまま借金の返済のためにひたすら労働する毎日は、言い方は悪いですが夢も希望もへったくれもありません。
ましてや、借金が不本意なものなら尚更にやりきれない気持ちになりますよね。
私の知り合いで、借金の連帯保証人になってしまった男がいます。
かれは人望があり、いつも周りに人がいて、みんなの人気者でした。
その温かい人柄に、私もいくら助けられたか分かりません。
しかし、そんなかれに悲劇が訪れたのです。
「この欄に名前を書いてくれるだけでいいから。決して迷惑をかけたりしない」

友だちのそんな口車に乗せられて、人助けのつもりでかれは借金の連帯保証人の欄に名前を書いてしまったのです。
結果、かれの友人は借金を払いきれず、残された莫大な借金はかれが払うことになりました。
しかし、かれも裕福なわけではなく、とても借金の肩代わりなんてできる経済状態ではありませんでした。
何しろ、かれは家庭があり妻子を持つ身でしたし、住宅ローンもまだ残っていたのですから。
この後、かれはどうなってしまったのでしょうか。
今回は、借金の連帯保証人になったかれの顛末と、かれが司法書士を雇って行った債務整理について解説します。

JJ029_72A

借金の連帯保証人になったのに債務者に自己破産された!

かれは友だちの借金の連帯保証人をしたのに、肝心の友だちが自己破産してしまいました。
これはヒドイですよね(^_^;)
当然、自己破産をして借金をなくした友だちの代わりに、かれが借金を払うことになりました。
私は元多重債務を背負っていた身ですが、自分の父親に「くれぐれも借金の連帯保証人にだけはなるな」と子供の頃から口が酸っぱくなるほど言われてきました。
「ぼくの弟が借金したときもダメなの?」と聞いたら、

「弟でも親でもダメだ」と返してきます。
これは冷たいようですが、共倒れを防ぐためなのです。
「必ず返すから」、「絶対に迷惑はかけない」という言葉に騙されて、連帯保証人になって不幸になった人たちを、私の父親はたくさん見てきたのでした。
だから、不用意に連帯保証人になったかれの自業自得いえば、たしかにそうなのですが……。
後かからそんなことを言っても仕方がありませんよね。
債務者は、自己破産したので借金がゼロになりました。
しかし、残念ながら連帯保証人のかれの借金はゼロにはなっていません。
債務者が自己破産をしたので、連帯保証人であるかれが借金を返済することになりました。
さらに、かれに畳み掛けるように悲劇が……(^_^;)
債務者が自己破産したとき、連帯保証人のかれは借金の一括返済を求められたのです!

JJ105_72A

お金がないから一括返済できない!連帯保証人の運命やいかに?

債権者に借金を一括返済するよう求められても、支払能力がなければ支払えません。
交渉によっては分割払いも認められるようですが、かれの場合は一括返済を求められました。
しかし、かれも家族がある身です。
子供の教育費の支払いもあるし、住宅ローンの支払いもまだまだ残っています。
一括返済するお金の余裕なんてありませんでした。

そこでかれは家族と相談した末に、
債務整理のプロを雇うことにしたのです。


債務整理のプロといえば、司法書士や弁護士のことですね(^^)
かれが電話をした法務事務所の司法書士は、債務整理のことを簡単に説明してくれました。
「債務整理には、主に任意整理と個人再生と自己破産の3つがあるよ。この中で任意整理を選ぶのはちょっと難しそうだね。残る2つは個人再生と自己破産だけれど、どちらを選ぼうか」
司法書士の説明を受けていると、かれは自分が本当に友だちの借金を何とかしなければならないと改めて思い知ったようでした。
今の今まで、かれは借金の問題をどこか他人事のように考えていました。
友だちがつくった借金なのだから、自分が払う必要はないのではないか、と。
友だちに、「勝手で申し訳ないけれど自己破産する」ことと、「自分の借金が連帯保証人に一括請求される」ことを伝えられても、かれは、どうしても現実感が湧かなかったのです。
だって、友だちがつくった借金はどこまで行っても友だちがつくった借金ですから。
かれがつくった借金じゃありません。
しかし。
司法書士に債務整理の手続きの話をしているうちに、かれは自分が借金を支払わなくてはいけないことを悟りました。
そこで、抑えていたはずの涙が一筋だけ頬を伝いました。

「先生、本当に……私が借金を背負わなければいけないんですね……」
かれは自分の浅はかさを悔やみました。
必死に信じて欲しいと頼んでくる友だちの言葉を信じ、結果、莫大な借金を背負うことになり、家族にまで迷惑が及んでしまった。
かれの心は、家族に申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

JJ119_72A

莫大な借金を背負うことはせずに自己破産

かれは、結局、友だちと同じように自己破産の道を選ぶことにしました。
一度は個人再生で住宅を守ることも考えましたが、借金の額が多く、また、友だちの借金ですから、自分が返済することに納得がいきませんでした。
住宅ローンと一緒に、友だちの借金の返済をし続けるモチベーションを維持するのは不可能だと考えたからかもしれません。

自己破産をすれば、すべての債務を免除してもらえます。

したがって、友だちの借金を返済する必要もありません。
しかし、自分の財産は確実に手放すことになってしまいます。
20万円を超える預貯金は、すべて没収されることに。
時価で20万円を超える財産も没収されるので、自慢のマイカーも没収されました。
妻と子どもと一緒に暮らしていた憩いのマイホームも、当然、没収です。
そのときのかれの顔は、ちょっと見ていられなかったです……(^_^;)
これが、軽々しく友だちの借金の連帯保証人になってしまった結果でした。
借金を免除できた代償は、あまりにも大きすぎます。

af9940047115

くれぐれも借金の連帯保証人にはならないこと!

私の知り合いのかれの話から導き出される教訓は、借金の連帯保証人にはならないことです。
いくら仲が良くても、いくら恩義があっても、借金の連帯保証人にだけは絶対になってはいけません。
キズナや信頼を否定するつもりはありませんが、お金が絡めば人は変わります。
仮に、最後まで借金を支払おうと尽力してくれる友だちだったとしても、その友だちが過労で倒れたり、不慮の事故でなくなったりすれば、借金の肩代わりをさせられるのは自分です。
だから、元多重債務者として私は言います。

皆さん、決して軽々しく連帯保証人にならないでください。

連帯保証人になってもいいのは、すぐにでもその債務者の借金を肩代わりする覚悟のある人だけです。
むしろ、連帯保証人の名前を書くよりも、知人がお金の問題で困っているのだとしたら、借金を止めさせたり、司法書士や弁護士に債務整理へ相談をしてみることを促したりする方が、後々まで良い付き合いができるのではないでしょうか。
しかし。
時遅く、すでに連帯保証人として名前を書いてしまったり、借金ことで悩んでいたりする人もいるかと思います。
そんなときは、やはり、司法書士や弁護士に相談することがおすすめです。
このサイトで紹介している事務所は、みな、メールや電話相談に無料で応じてくれるほか、債務整理の高い実績があります。
借金地獄と表現されるように、借金の問題はとても深刻なものです。
くれぐれも一人ぼっちで悩まず、債務整理のプロに一声かけてみましょう。
まずは、相談する勇気を持つことが大切ですよ。

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

借金の連帯保証人になった   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る