債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

年金が払えない場合どうなってしまうのでしょう。

 

JJ014_72A
年金未納問題は、ニュースでも話題になることが多いですよね。
自分たちが年金を受け取る頃になったら年金制度はなくなってるかも知れないなどと言う人もいますが、実際のところ年金を納めないとどうなってしまうのでしょうか?

国民年金の納付は義務なんです

会社に勤めている方などが加入する厚生年金は給料から天引きされ支払う仕組みになっていますので、厚生年金加入者は年金を支払わないということはないと思います。
ですからここでは国民年金に絞って調べてみました。

国民年金というのは公的な年金制度。加入が義務付けられています。
加入は義務になりますから「どうせ年金もらえないから払わない」という選択は本来なら不可能です。
ですから年金を支払える所得があるにもかかわらず、国民年金保険料を支払わない場合は、国が強制的に保険料を徴収する事も可能です。
では実際に、国民年金保険料を支払わなかった時にどのような流れでの対応になるのかを詳しくみていきましょう。
KK063_72A

国民年金を払わない方への対応とは

1:納付奨励
国民年金保険料が数ヶ月にわたって未払い状態になると、封書や葉書で保険料納付の案内が来るようになります。
それ以外にも日本年金機構から業務委託された民間業者からの電話や戸別訪問も行われるようになります。

2:最終催告状が届く
1の対応をしても支払いがない場合は「国民年金の勧奨通知書という最終催告状」が届くことになるのですが、これは、国民年金未納者のうち、十分な所得があると判断できるにも関わらず、13ヶ月以上支払っていない未納の方に送付されるものになります。
自主的な納付を促す最後の通知となり、期日までに納付が行われない場合は、延滞金の発生しまったり財産の差し押さえをされる可能性もあります。配偶者や世帯主の財産も滞納処分の対象となる場合があるという内容の通知でもあります。

3:督促状が届く
最終催告状の期限までに支払わないと、続いて強制徴収の開始を示す督促状が届きます。
これと同時に、法律で連帯納付義務があると定められている世帯主や配偶者にも通知が行くことになります。

4:差押予告が通知されます
届いた督促状に記載されている期限までに支払うことがない場合は差押手続きが始まることが知らされます。
支払いの意思が確認できないため、財産の差押や公売によって滞納保険料を強制的に徴収するという意味の予告となります。

5:財産差し押さえ決行
十分な所得だったり貯蓄があるのに、国民年金保険料を支払わない場合には、実際に強制的な徴収が行われます。
af0150022695

国民年金保険料の免除を検討する可能性

国民年金への加入は義務であるという事を今初めて知った方もいるかもしれません。
保険料を支払わないと強制的な徴収もあり得ますから、十分な収入や財産のある方は、払いたくない理由があるとしても支払っておいた方が賢明です。

経済的に苦しい場合年金の支払いを借金までして払うといったような性質のものではないのではないかととらえます。
年金の支払いよりも生活に不可欠な税金やその他の支払いの方が優先順位が高いということです。
国民年金保険料を支払うことが困難な場合には、国民年金保険料の支払いを免除する制度も用意されています。

自分の収入だけでなく、世帯主や配偶者の所得なども条件にはなりますが、学生や20代のフリーターやニート、会社都合などで失業した場合などは、該当する可能性があるので詳しく調べてみると解決法が見つかる可能性も高いでしょう。

その他借金に対するお悩みがある場合

払わなければいけないものが多いのは重々受け止めている。
けれど毎月支払いに追われて精神的にも追い詰められてしまっている方もいるかもしれません。
将来の事は二の次にして今の現状を変えたいと思っている方は下記に相談することで解決の糸口が見えてくる可能性もあるのではないでしょうか?
債務整理などの相談にも乗ってくれますので是非利用してみてくださいね。

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

年金が払えない   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る