債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

医療費が払えない場合はどうなってしまうの?

 

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

 

人生に怪我や病気はつきものです。
しかし貯蓄が少ない場合事故や病気ほど怖いものはありません。
もし、運悪く怪我や病気にかかって、莫大な治療費を請求されたらどうなるのでしょう。
 
今、怪我や病気にかかったらお金を払えない場合お医者さんに治療してもらえるの?
 
病院だってボランティアで経営しているわけではないのですから、医療費を払える見込みがない患者を相手にして赤字にはなりたくないはずです。
今回は、そんな恐ろしい仮定をした上で、高額な医療費が支払えない場合にどうなるかを解説します。
 

医療費が支払えなくても諦めないで

低所得者や生活保護受給者も、不慮の事故や病気にかかれば医療費を支払うことは難しいくなります。
医療費を支払えない人は、治療してもらえないのでしょうか。
論として病院は、緊急の状態にある患者は治療せざるを得ないようです。
 
ですので「お金がないから医者には見てもらえない」と思い込まず、最後まで諦めずに診てくれる病院を探しましょう。
支払いが難しい場合は、医療費は基本的に後払いですし、分割払いの相談に応じてくれる病院もあります。
次の項目で説明しますが、治療のために医療支援を受けることも可能です。
 
もし、すぐに医療費を払うことが難しい場合は、病院の事務の方に事情を説明してみましょう。
患者の経済事情によっては、一定期間の支払いを待ってくれる場合もあります。
 
52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

医療費を支払うための借金は危険!

近年、病院にとっても患者が医療費を支払わないことが問題となっています。
 
しかし、借金をしてでも医療費を支払おうと考えている人は、少しストップです!!
 
医療費を支払うために消費者金融からお金を借りても、借金地獄に陥ってしまうだけですのでオススメできません。
実は医療費の支払いについては、下記のような制度が定められています。
 

一定金額が戻ってくる高額医療費制度

高額医療制度という制度を知っていますか?
 
高額医療費制度では高額な医療費がかかったときに、自己負担限度額を超えたお金が返金されます。

高額医療費では、年齢や所得によって本人が支払う医療費の上限が決まっています。加えて、ある条件を満たせばさらに医療費の負担を軽くできます。
 
一度、病院で診察してもらえば分かると思うのですが、国民は保険に入っているので、普通は医療費を「医療保険」と「患者」が7:3で負担することになります。保険のおかげで、医療費が3割の負担で済むのはとてもありがたいです。
とは言っても、医療費が高額になれば、たとえ3割であっても支払うことは困難です。
 
高額医療費制度とは自己負担限度額以上を支払う必要がない”という制度になります。
 
0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s
 
分かりやすく例をあげて説明すると、100万円の医療費がかかった場合に、通常はその3割の30万円を患者が負担することになります。
しかし高額医療費制度を利用するならば、患者の負担の上限額が10万円の場合、患者が支払う額は10万円となり、残りの20万円は高額医療費として支給されるわけです。
 
高額医療費制度はとてもありがたい制度なので、高額な医療費で困ったときはぜひ利用してみてください。
 

高額医療費のお金を借りるなら高額療養費貸付制度!

高額な医療費を払うために、銀行や消費者金融に借り入れを申し込む必要はありません。
 
なぜなら、どこよりも良心的にお金を貸してくれるのが「高額療養費貸付制度」だからです!
高額療養費貸付制度ならば、たとえば国民健康保険加入者ならば、高額療養費の支給見込み額の90%を無利子で借りることができます。
どこの金融機関も、借り入れ額の90%を無利子で貸してくれるところはありません。

いかがでしたでしょうか。
 
高額な医療費の支払いに困っている人は、「高額医療費制度」と「高額療養貸付制度」の利用がおすすめです。
医療費はかなり高額になることがあり短期で返済することが難しいため、金融機関からの借入はおすすめしません。
どうしてもお金を借りるならば、高額療養費のほとんどを無利子で借りることができる高額療養貸付制度の方を利用しましょう。
 
しかし、既に医療費を支払うために他の金融機関から借入してしまい、毎月の返済に苦しんでいる方はまた話が別になります。
多重債務を抱えてしまい月々の返済は利息を支払うのがやっと、それなのに病院の支払いもまだ残っている。
そのような人は、また別の方法があります。
 
医療費とは別の、借金の問題を抱えているなら司法書士や弁護士に相談してください。
借金の問題は、一人で悩んでいても解決方法が存在しません。
むしろ、放置してしまうと余計に雪だるま式に増えてしまうだけです。
 
経験と知識が豊富なプロに相談することで、返済不可能と思われた借金を返済可能にしてもらうことが可能です。
司法書士や弁護士は高額だから報酬は支払えないと心配している人は『メールや電話での借金問題の相談は無料』の事務所がオススメです。
 
借金の問題は、債務整理のプロに任せましょう。必ず、大きな力になってくれるはずです。
 
借金も問題困り、知り合いに弁護士の方がいない方に一番利用されているのは「街角法律相談所」が行っている無料シュミレーターです。
 
どのようなツールかと言えば、あなたの状況を入力することであなたに合った弁護士事務所を無料で紹介してくれるツールだからです。

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。
「え…弁護士?」
と恐れる必要はないので安心してください。
9266_1
 
身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。
    債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。
  街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。
  072匿名OK
  072フリーメールOK
  という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
  街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。
  デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
  是非参考にしてみてください。
 
  無料借金減額シミュレーター
  「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。
  街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
  任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

医療費が払えない   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る