債務整理・借金返済方法の相談室 | 多重債務や借金を払えない悩みを解決

債務整理・借金返済方法を知りたい | 借金を払えない悩み、2回目の債務整理、多重債務等の総まとめ

多重債務や借金を払えない悩み、債務整理・借金返済方法を相談・解決!

どうなる?学費が払えない場合(-_-;)

 

af0100001548
学生の期間の学費は親が負担するのが理想ですが、何かしらの義務教育を卒業したらとか大学からは自立したい。大人になってからやりたい事が見つかったなど、色々な理由で自分で学費を払うという方も増えています。学費が払えないという事態になる事があるという場合もあります。
そうした事態みまわれた場合どうなってしまうのでしょう。

一月あたりの学費を比較しましょう

学費といっても小・中・高、大学の学費で大きく差がありますますし、公立か私立かでも大きな違いが出てきます。
当然、小学校から大学まで進んでいくにつれ学費は高くなるでしょうし、公立より私立のほうが学費が高くなるのが普通です。

下記では、参考までに文部科学省が発表した「平成18年度 子供の学費調査」をもとにひと月あたりの学費を比較しました。

小学校
公立 27,844円 私立 119,549円
中学校
公立 39,312円 私立 116,173円
高校
公立 43,375円 私立 96,706円
大学
公立 106,445円 私立 146,853円

学費を滞納してしまったら…

学費を滞納してからしばらく経つと当然、学校側から何かしらの連絡がくることでしょう。
小学校や中学校の学費の場合だと、学費が納入されていないという事が書かれた手紙などが届く可能性がありますし、大学になれば学生本人に直接そのような内容をを伝える事もあるようです。

基本的にはその時点で学校側と学費の支払計画についての話をします。
すぐに支払えないのであれば、いつなら支払えるのかという事や分割で支払っていくかなどの相談をすることになります。
もし親が支払えない状態であれば、学生がアルバイトをしながら払っていくのか、親族に学費の援助を受けられないのかという話しあいや、奨学金や教育ローンの話も検討することになるでしょう。

学費が払えないとなると最悪の場合、除籍処分になる可能性もありますから、低利の教育ローンや、状況によっては学費の支援なども受けられる制度などもあります。ここでしっかりと調べたり相談することをおすすめします。
JJ029_72A

話し合っても学費が払えない場合は

学校側と話しあうことで支払の見通しが立って、合意できたのなら問題ありませんが、合意や見通しが立たないという場合もあります。
学校側と学費の支払いについて合意できておらず、支払いの見通しも立っていない場合というはどうなってしまうのでしょうか?

学費の滞納というは、他の滞納したケースと比べると比較的緩やかな対応になると思います。
それでも最悪の場合は除籍処分となってしまうことも考えられます。

小学校や中学校などの義務教育と大学では対応が違ってきますし、公立か私立かでも差が出てくるかと思います。
義務教育である小学校や中学校で学費が支払えないという場合、基本的に除籍になる可能性は低いのではないかと思われます。
規定ではおそらく、3カ月以上の滞納で除籍にすることが出来るようになっていると思われますが、実際には生徒の将来を考えるとなかなか除籍にはできないでしょう。

調査の結果、高校も学費の滞納での除籍というのはゼロではありませんがあまりないケースかもしれません。
しかし小中学校と違い「卒業保留」扱いにされるケースがあるようですね。

全国私立学校教職員組合連合の調査は28都道府県の高校315校から回答を得た結果、学費未納者への対応に関する質問では「留年とし、卒業させない」「除籍とする」がそれぞれ6校から回答があり、納入まで卒業証書を渡さず、かつ進学・就職に必要な卒業証明書も発行しないなどの「保留」扱いとする高校は146校あり、うち69校は卒業式への出席も認めていないということがわかりました。

これら「留年」「除籍」「保留」以外の回答は、「そのまま卒業させ、後で支払わせる」が42校あり、「未納がなかった」と回答した学校が29校、残り86校は無回答だったといいます。
この調査は私立学校を対象としているため、公立学校に比べて厳しい対応が多くなっていると考えられます。JJ124_72A
学費の未納についての対応が最も厳しいと思われるのは大学です。
大学生が学費の未納で除籍になってしまったという話はよく聞く話です。
ある大学では2期の未納で除籍とすると決まっており、除籍処分をする場合はいきなりではなく、事前に書面での警告が来るはずです。
その時点で、学費の納入や分割で支払うことを学校側と合意するなど対応をしないと本当に除籍になってしまいます。
自分の将来のことも考えてしっかりと対応するようにしましょう。
JJ013_72A

子供の学費を払ってあげたいと両親が働く場合もあります。
しかし遠方の学校に通っている場合だと学費以外に仕送りや生活費なども捻出しなければない場合もありますね。
一時をしのげば子供を学校に通い続けさせることが出来るという場合にキャッシングを利用するという方もいますし、

 

街角法律相談所とは?

借金を素早く解決するためには、弁護士さんに依頼する必要があります。

「え…弁護士?」

と恐れる必要はないので安心してください。



9266_1

身近に弁護士の知り合いがいない人にとっては、どの弁護士を選んだらいいか分からないですよね。

そして、せっかく探して相談に行ってみたのに
「親身になってくれなかった…」
「なんかこの弁護士さん合わないな…」
という体験をした人も、多々いるのが現実です。

債務整理は『あなたの状況をしっかり把握してくれ、1日も早くあなたを借金地獄から解放してくれる』弁護士に依頼することがポイントです。

街角法律相談所が一番利用されている点は、今のあなたの状況を入力するだけであなたの状況に一番合った弁護士を無料で紹介”してくれる為です。

072匿名OK

072フリーメールOK

という点からも、名前がバレたくない借金問題にはメリットです。
街角法律相談所についての流れについて知りたい方はこちらで詳しく説明しています。

デメリットが無い点からも、借金問題で苦しんでいる方に最も利用されています。
是非参考にしてみてください。



無料借金減額シミュレーター

「無料・匿名」でメールで相談が可能ですので安心して家など誰にも見られない場所から利用してみるといいでしょう。

街角法律相談所で見つけたプロに相談し、実際に借金総額が280万円から180万円になった例もあります。
任意整理では、240万円から50万円になったうえに、金利が0%になった例もあります。

 

学費が払えない   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る